ブログ kahogo

石鹸の泡立ち実験 失敗編

更新日:

こんにちは。

東京も、そろそろ桜の見ごろが過ぎるころですかね。ほんと、開花してからお花見がベストな日って数えるほどしかないですよね。寒かったり、風が強かったり、曇ってたり…。ということで、今日は外に出ることなく知名度の高い石鹸を買ってきて、泡立ちの実験をしてみようと、秘密兵器を用意しました。

おろし金を使って、石鹸を削り、計量スプーンで同じ量の石鹸かすをお湯で溶いて、眼鏡洗浄機に入れて、泡立ち実験。スイッチオン!さてさて~どーなることやら…

どうにも、ならない!!!!!(笑)

すごい、安易な発想で、ビールの泡が超音波とかで泡復活するみたいな動画を見たことあったので、石鹸水とかもキメ細かい泡が出来るんじゃないの~と思って、やってみましたが…結論としては、眼鏡洗浄機が綺麗になっただけでした(笑)。ビールは炭酸が復活するからですよね?よく、考えて、行動しよう。

ということで、やはり最強なのは、この百均で売ってる泡立てネットですね。

すぐにキメ細かい泡の完成です。

データ分析的なことを考えずに、この泡立てネットを使って3日おきくらいで石鹸を変えて、使用感を参考にしたいと思います。それにしても、どこの小売店も売っているのは機械練り石鹸がほとんどですね。今度はブログで開発中の枠練り石鹸のことを書こうと思います。

-ブログ, kahogo

Copyright© BORGO TRADE INC. , 2019 All Rights Reserved.